脱毛の年令制限

子どもや高校生は脱毛できるの?

脱毛するにあたって、年令による制限はあるのでしょうか?

たとえば、未成年のうちは脱毛は受けない方がいいという話もありますよね。

でも実際は、脱毛を受けてはいけない年令というのはありません。確かに、脱毛は皮膚をはじめ体にある程度の負荷をかけるものですから、施術を受けるならば体が成熟して健康である方が理想的ですが、年令が低い方であっても、注意するべきポイントを認識しておけばよいだけのことです。

未成年の方が脱毛を受けない方がよいといわれるのは、体に悪いからということではなく、思ったような脱毛効果が得られない場合があることが主な理由です。

毛が成長したり、または抜けた毛が再生するのは、これは女性ホルモンの影響によるものです。そのため、未成年、 特に女の子の場合は、ムダ毛をきれいに脱毛しても、二次性徴を迎え女性ホルモンの分泌が増加すると、毛が高い確率で再生されてしまいます。

また未成年のうちは大人よりも皮膚が弱く、デリケートにできており、施術によって火傷や炎症などの肌トラブルが起こりやすいことも覚えておきましょう。

お年寄りはどうでしょうか。あらためて言及されないことがほとんどですが、お年寄りの場合も特に問題なく脱毛を受けることができます。

クリニックやサロンの広告で、お年寄りの方も安心して通うことができます云々という文言がときどき見られることから、お年を召した方の間でも、美容脱毛のニーズは実は高いのですね。

ただし、年をとると皮膚の新陳代謝が不活発になったり、血行の不良、皮脂の分泌が 滞るなど、肌のコンディションが低下してくるため、トラブルが増えるというリスクがどうしてもあります。

肌が全体に乾燥気味になるため、施術の際に痛みを強く感じたり、毛穴に予想以上に高い熱が加わって火傷になったりといったリスクが生じてきます。

また、施術のあと肌にこもった熱も冷めづらく、炎症や、そこから毛膿炎に発展するリスクもあります。冷却、保湿といった基本のアフターケアをより念入りに行う必要があります。

なお、記載してある料金はエステ側で随時変更となるため、最新の情報は、必ずご自身にてご確認うえ、お申し込みください。
 

サイトマップ